So-net無料ブログ作成

政治より先に学びたい0→1に日本人を底上げする方程式

政治ど素人+ゆる保守+plactical patriotism

モラル度を低下させた本質とは [個人的なメモ]

現在の日本はえてして、2~3の範疇で表される。

先の記事の通り政治だけではなく経済を支える産業にも言えることであり

日本の状態が危ういところに来ている根本の原因はここにある。

あなたも食品業界の偽造問題、

組織や企業の既得権益を守るための不正、

ごみのポイ捨てや共有の場でのマナーを逸脱した行為

といった事までモラルの低下を映すかのような出来事を何度も見聞きするだろう。

政治はこの中の部分に過ぎず全体ではない。

それは我々の文化の結果である。

オーブンや焼いたクッキーが現在の日本だとすると

焼き方を変えたりシステムそのものを変更しなくてはいけない。

そういうわけでこのブログは政治だけに囚われず

日本人のモラルを含む文化全体としてのルネサンスを興すという視点で見ている。

結果の部分を細かくいじって変えるのはパラダイムを変えることにならない。

ではどうやって変えるのか?

変えると言うのはどういうことか?

このモラル度の表をおおよその基準として用いれば

漸進的に下から上まで日本全体としてのクラスを上昇させることが可能だ。

焦点は私たちそれぞれの生き方や行動、考え方など

のクラスをもっと上のクラスに上げる事である。


文化を変えるなんて大げさな事が個人にできるわけがない。

あなたはおそらくそう考えたかもしれない。

しかし日本は集団的であるという。

ちょっとここで割れ窓理論という考え方に触れてみたいと思う。

簡単に説明すると

あなたがとてもきれいな都市公園や湖に出かけたとしよう。

ぴかぴかで清潔でどこを見てもごみもまったく見られない。

こういった場でごみを捨てるとすると心理的抵抗を生むだろう。

しかし逆に汚れていてごみがどこにも散らかっているような場所なら

そこまで抵抗もなくごみを放棄する事もできるだろう。

日本人の特性を利用して

これを仕掛けるという事になる。

あなたは住んでいる町や配属されている機関などで

クラスの高い方の行動をすることで影響を与える。

これらは少しずつだが伝搬はする。

もちろんこの逆もありえる。

誰かがさぼっているとじゃあ自分もと仕事を適当にする人間もでてくる。

あなたもスポーツの試合や歴史的な人物などの言葉で発奮したこともあるだろう。

日本が下り坂になった原因はモラル度の低下にある。

そのモラル度を低下させた原因は

リーダーシップを取るような立場の人間の怠慢や責任のなさだったり

左翼が権威ある立場に入り我々が考え方をしつけされたからだ。

しかもそのトップや重役は

これぐらいいいんじゃないか

と深く考えずに左によいしょし制度がだんだん左にずれていくのである。

もちろんこの合意による個人の対価もあるのだろう。

しかし大きな図が見れなくなれば会社はおろか国は終わってしまう。

日本のいいかげんな交渉を見ても

ビジネスマンが欧米だけでなく

アジアやアフリカでも何度騙され蜜を吸われたことか。

このことを、町内会のようなという表現をすることもある。

こんなことを繰り返していけば

他国に競争力の基盤を与え相対的に

日本の企業や全体としての産業まで

きりきりの状態になり

結果その対策として目先の事ばかりを考えた手段に頼り

というような悪循環になる。

この事は選挙にも言える。

個人的な話だがなぜか親類の創価の信者が選挙が近くなると家にきたりする。

たぶんこういったことで日本人なら何も考えず投票する事も多いのだろう。

頼みだからとか付き合いだからとかやっていたら

その繰り返しでどうなるだろうか。

誰々の知り合いだからという理由は日本の企業と同様

目先の事ばかりで視野が狭いことを物語る。

日本の産業界を支えていかなくてはいけない人間

それらの資源が弱くなったのは

やる気のない、夢や目的、目標ももたぬ人達が増えたからである。

彼らはモラル度が低く現実という言葉を使い自分の事ばかりで

地位のある職業や企業に就職し安定した収入を得る事しか考えない。

残念だが自民の進める政策をすると経済は不安定になり

共産が勢いづく社会になってしまうという矛盾がある。

しかしどんな状況であっても誰かが自分の夢を追わないと

それこそ科学技術も発展してこなかっただろう。

あなたがもし社長だったら背中で社のビジョンを教えなくてはいけない。

そうでないといちいち言葉や工程などでチェックして教育する必要がある。

左翼の教育については明らかにモラル度に並べて比べてみると微妙な差異が見て取れる。

しかし多くの日本人はこの違いを見分けられない。

日本のリベラルは2~3だが

世界でいうリベラルは3である。

左翼のいう人権は

共産の世界観で見たものであり2だが

通常の基本的な人権は3である。

平和主義は2~3だが平和は4である。

左翼は綺麗な言葉で包めることで言葉の概念のクラスを下げている

というのがよくある。

このような表面的には同じ言葉の意味合いの部分を変えることで

社会を左の方にどんどんずらしているのだ。

人間はそもそも同じ言葉を使っていても

それが同じ意味で使用しているかというとまったく違う事もある。

これはモラル度の全体の表でも載っているが

今後も更新していきたいと思う。

全体としての日本はクラスの下の方から引っ張られて

非常に不安定な状態であると見る。

しかし我々しだいでこれを変えるチャンスもまだあるのである。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント