So-net無料ブログ作成
検索選択

政治より先に学びたい0→1に日本人を底上げする方程式

政治ど素人+ゆる保守+plactical patriotism

思想を伝搬し広げていく

今回はあなたが日本第一党を支持すべき理由について

をメインに伝えたいと思います。

党のトップが話していた事に

ジャパンファーストという言葉を誰かがパクって

何とかファーストという言葉にして使っても気にしない、

それも運動のうちである。

という事を語っていたことがあります。

実はこれはとても重要な視点ではないかと思うわけです。

いわゆる左翼の連中は移民であるとか法律であるとか

そういう目に見える直接的な侵略からではなく

思想による侵略から入ってきている

ということに気付いている保守はいるでしょうか?

ヘイトスピーチも輸入された言葉であり思想です。

他にもさんざん横文字の言葉が平成期に使われ出したことがわかります。

こういう西洋で作られた言葉はもちろん日本とは別の価値観をもっでいます。

ですからこれをマスコミにのって使う事は

日本らしいモラルを壊すことにつながるのです。

事大主義的な人間はなんの警戒もせずこれらを最先端の流行の言葉だというかのように

使ってしまいます。

もともと日本にない事なのに強引にあてはめた結果

何でもセクハラと言われ何でもヘイトだと言われ

どんどん左から日本的な価値観を壊されていくわけです。

これが日本人の道徳の間接的な破壊の要因にまでなっています。

思想を広げると運動


この政党を支持すべき理由はこの逆をすることにあります。

政党が席を取れるかまたは与党になれるかということは

これもいうならば目的のためについてきた結果のようなものです。

それよりも重要な事は政党を通じて

思想や価値観を拡散する事です。

国を守るというのはどういうことか

自虐史観というのはどういことをいうのか

政党を通じての運動で新しい思想を広げていくことで

世の日本人にとって当たり前の考え方になれば

この政党は大成功と言えます。

誰も語っていないころから

朝鮮問題や在日特権を問題にして

これが現在はネットの保守の間で批判は当然

というふうになったのと同じですね。



次に支持すべき理由はマスコミを超える権力を作るということです。

立法、司法、行政、報道

というようにこれらは第何権力と言われます。

雑誌を含め政治問題を取り上げテレビや新聞が連日叩いて辞めさせる

というパターンは何度も見たはずです。

これに対抗するために行動する保守運動そのものを

闘えるレベルに持ち上げる事が

日本を変えるきっかけになると信じています

メディアの都合次第で政治の局面が変わる事は危険すぎます。

これまでの報道をみるとやはり彼らは力があることがはっきりします。


ネガティブな印象をもたれさんざん差別主義者と叩かれたこの政党だからこそ

逆に叩いて落とすのが難しいと考えます。

自民等の表面的にはクリーンなイメージの政党では垢がでたときに大変です。


この政党はきれいなふりをせずにこのまま独自路線で攻めて

支持者を増やしてもらいたいです。

もしそうなればこっちのものでメディアという権力を無効化し

これを使って他の左翼的な例えば法曹界や教育界にも影響は及ぶでしょう。

支持を高める理由

次に支持すべき理由は当選させる事または票が増えることにより

保守を自称する自民党などの政党に影響を与える事です。

自民党などは保守の票を取るために

保守的な言葉や政策をせざるをえないようにすること、

政権を取れるかより右から引っ張るという事を現段階では期待したいです。

ですから本音を言えば都知事選では彼ら行動する保守側に票を集中させるべきだったのです。



最後に政治家という特殊性を書いておかねばなりません。

事大主義の人間は劇場型またはパフォーマーの政治家に騙されます。

都知事選の結果でもう懲りたかなと思ったのですが

保守はどうやらそうではないようで彼らはまた次のパフォーマーを応援するだけです。

誰とはいいませんが維新のあれとか自民のあれとかのことですけど。

まんまと餌をまかれ支持をするという繰り返しなのはこれまででわかってるはずなのですから

知識があって分析はできても見る目があるかどうかは別だということに気付く必要があります。

実際に政治家は公約を掲げては手のひらを返します。

ですから政治家の言葉はほとんど政戦のための具なのだと理解せねばならぬわけです。

保守的なことを言ったからでは全然支持できません。

この職業は残念ですが嘘ついてなんぼ、美辞麗句をだして本音に隠すという世界なのです。

これを見分けるには洞察力がある人間以外はどうすればいいかというと

何を語ったかではなくどんな法案を通したか賛成したか

口だけではなんとでも言えるので何をしたかのみを見たほうがいいでしょう。

どんな事を過去に言っているのか繋ぎ合わせると背景の思想も見えてきます。

だれと関係が深いのかをみると左翼的な人物とのつきあいがあったりします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。